自然からのメッセージを愛情こめて創作する
企画オフィス「ポリシー」 「ポリシー」
〒666-0262 兵庫県川辺郡猪名川町伏見台3-2-8

POLICY事務所、移転のお知らせ。

 ‘自然からのメッセージを愛情こめて創作する’を制作軌範とする作家・北脇榮次です。20171月、関西に帰ってまいりました。5年間の安曇野の春夏秋冬は素晴らしかったです。安曇野では、詩人・中原中也の語る‘名辞以前’(言葉になる前の気配のことば)ではないが北脇榮次の‘視覚以前’(目にする前の気配の景色)感じ撮る安曇野は「四季折々にうつろう景色」を求める日々でした。関西の新たな地で<気配の景色>を探る沈思(心、静かに思い深く)の旅が、また、はじまります。


北脇榮次の「季節の言葉」フォトスケッチ

冬から春へ、春から夏へと・・・うつろう季節の中にどれほどの表情があるのだろうか。
繊細な季節の変わり目を、季節の言葉で探った<フォトスケッチ>です。


季節のうつろい「秋から冬へ」


118日頃「立冬」。晩秋と初冬が静かに行き交い、田園をかける風は頬に冷たさを感じさせてきます。「冬浅し(ふゆあさし)の季語が伝わります。この頃には枯れ草に氷の結晶の花を見かけ出します。寒い折に雷が多く鳴り、雪起こしといい「寒雷(かんらい)の季語を思う。12月の真冬の到来から1月に入ると「凍れ」の大寒へと、極寒、酷寒、厳冬、寒厳し…と冬を極める凛とした言葉がつづきます。「春隣(はるとなり)を、待ち遠しく思う我慢の2月です。

P1-冬の銘菓、雪饅頭?
P2-うつむくな…と、冬曉の有明山が励ます
P3-酷寒の朝。沈黙が真っ直ぐに落ちてくる
P4-冬隣(ふゆとなり)の夜明け。雪里の原風景





Copyright (C) 2008 企画オフィスポリシー All Rights Reserved.
ホームへ